軸馬一点競馬予想

元M単優勝者の競馬予想ブログ。本命馬の複勝率やワイド1点勝負にこだわってます!危険な人気馬や面白そうな穴馬も始めました!

【回顧】2016年 エルムS、関屋記念

   

人気ブログランキング

↑毎度クリックご協力ありがとうございます!

日曜の午前1時くらいから急にネットに繋がらなくなりましたorz
しかも、マンションの管理会社やネットを管理してる会社がお盆休みで、ようやく今日復旧しました。。。
やりたい事いっぱいあったのに最悪です。

今週の重賞レースを振り返ります。

スポンサーリンク

 

【回顧】2016年 エルムS

・リッカルド

北海道では追い切り1本とどちらかというと半信半疑だったが、パドック見ると外外周って抜群に良く見えた。
1600万でも負けたり辛勝だったりのタイプなので、弱い相手に取りこぼすかもだが強い相手でもそれなりに走るタイプか。
おそらくは消耗戦よりは今回みたいなレース質が合っていると思う。
意外と1600なんかでも走れそうな気がする。

・クリノスターオー

去年と違って間隔もあけてしっかり調教したせいか、この馬もパドックで抜群に良く見えた。
どちらかというとしぶとく伸びる馬なので、予定よりも流れが落ち着いたのが少し痛かったか。
それでも相変わらずの手応えの悪さながら、最後は差し返す勢いだったので人気にならないが変わらず能力は高い。
今後も間隔をあけて調教をしっかりやってれば。

・モンドクラッセ

パドック見てたらいつの間にか三浦⇒柴山になっていた。。。
テン乗りの影響もあったかもだが、あまりキレる馬ではないのに大事に乗りすぎて最後差されたレース内容。
溜め逃げよりはもう少し流れる展開になりそうなレースのほうが走れるかも。

・ロワジャルダン

今回も良馬場の人気で勝ちにいく競馬でダメだったので、やっぱりこの条件は合わないのか。
一雨あって馬場が軽くなったり、人気薄で欲を出さずに差す競馬をしたほうが走れる気がする。
個人的にはどこかで穴をあけると思うので、続けて注目していきたい。

・ジェベルムーサ

こちらも予想でも書いたが、最後キレないので捲りきれないとやはり厳しい。
ただ、今回はそこそこ出たのもあったかもだが捲らず新味の一発にかけた可能性も。
なかなか買い時が難しいが、捲って4角先頭で競馬が出来そうなときに狙ってみたい。

【回顧】2016年 関屋記念

・ヤングマンパワー

去年3着で前走が58で完勝だったので、買いたい馬がいないこのメンツだと順当だったのかなという感じはする。
この日に限ったことではないかもだが、サンデー系が入った馬が好走していた馬場で、母父サンデーも合っていた。
あまり強い相手に頑張るタイプではないと思うので、去年尻すぼみしていった秋でどういった成績を残せるかが地力の評価。
枠もあったが戸崎はさすがというか今回もうまく乗った。

・ダノンリバティ

母母父がサンデーだが、今までのレースっぷりからもさすがにそこまで強調できる訳ではなく、個人的にはほぼノーマークと完敗。
1頭飛ばしたのでそこそこ流れたかに見えるが、今の馬場や展開&キレないこの馬を考えると松若騎手の好騎乗が光ったレース。
私の思ってより走ったので評価に難しいが、元は豊が乗りにくる予定だったので勝負気配だったのかも。

・マジックタイム

ルメールさん、注目の新馬も含めて芝でイマイチな乗り方だなぁと思ってたらここもイマイチw
前目の馬が掲示板を独占する中、唯一後方からの競馬で想定通り差し遅れたとはいえ一番強い競馬をしていた。
キレるというよりはダラッと持続質な脚を使う馬なので、このレベルならこのくらいは走れる馬。
相手のレベルや距離は何ともだが、これだけ溜めるなら富士Sよりは距離が伸びても府中牝馬のほうが面白いレースはするかも。

・ダンスアミーガ

ブラッドバイアスを見るまでは人気的にもかなり狙っていた馬。
この馬も母母父がサンデーだが、やはり母母父では1点では買うほど強調することもなく。。。
好凡走が激しくてちゃんと調べないと何ともだが、夏場の新潟はかなり合いそうな感じだった。
人気で買いたい馬でもないが、似た条件で人気薄なら馬券妙味はあるかも。

・ロサギガンティア

一か八か感はあったが、乗り方的には勝ちに行く競馬をしてたし、新潟1600ではここら辺が限界だろう。
ダイワメジャーかと思うくらいの成績なので、中山1600とか阪神1400とか走れる条件が限られてそうな馬。
スプリンターズSなんか相手関係も考えると意外と面白いかもしれない。

・ラングレー

早めに手が動いたあたりは手応え的にイマイチだったかもっだが・・・
まぁ差して最内とか乗り方的にはクソでしたw
それでも、早めに手応えがなくなる辺りは、やはり重賞だと少し足りないということか。
ここならと重い印を打ったが、それで僅差とはいえ6着なら現状オープンで何とかレベルかも。

スポンサーリンク

 - レース回顧