軸馬一点競馬予想

元M単優勝者の競馬予想ブログ。本命馬の複勝率やワイド1点勝負にこだわってます!危険な人気馬や面白そうな穴馬も始めました!

【回顧】サウジアラビアRC、毎日王冠、 京都大賞典【2016】

   

人気ブログランキング

↑毎度クリックご協力ありがとうございます!

予想は書かなかった南部杯以外は、3重賞もあったのに馬連的中せず残念な結果に。。。
結果的には勝ち負けした馬はみんな単純に強そうと思った馬で、仕上がり重視したのが裏目でした。

今週の重賞レースを振り返ります。

スポンサーリンク

 

【回顧】サウジアラビアRC

まずは私の印は
◎:クライムメジャー
○:ダンビュライト
▲:ブレスジャーニー
△:バリンジャー

<<全体的な回顧>>
午前中に雨が降ってやや重の馬場でしたが、時計は開幕週にしては少しかかるくらい。
このレースもかなりの外差し馬場で、結果的に外から差してきた馬が1、2着。

・ブレスジャーニー

予想に書いたがこの中では1番タフな経験もしてたし、前走の勝ち方だけなら1番評価していた馬。
仕上がり面が微妙だったので少し評価落としたが、この状態でこの勝ち方は2歳戦ではかなり高い評価ができる。
血統的には父バトルプランがイマイチ成長力なさそうだが、3歳前半くらいまでは安定して走るかも。

・ダンビュライト

不良馬場だった前走からいきなり速いペースに対応できたし、負けはしたが2戦目としては上々の内容。
今回は少頭数だったので何ともだが、忙しい1600よりはもう少し距離伸ばしたほうが走りやすいかも。
現状は1800で少し雨が残る馬場がベストかも?

・クライムメジャー

新馬が揉まれない競馬だったのでタフ経験不足だった今回。
少頭数だから大丈夫と思ったが、馬の間に入って掛かり気味で更に外差し馬場というキツイ展開。
最後も4着馬に抜かせなかったし、着差はついたが負けて悪い内容ではないし、将来性はこの馬が1番高いかも。

【回顧】毎日王冠

まずは私の印は
◎:ディサイファ
○:ルージュバック
▲:ステファノス
△:ウインフルブルーム

<<全体的な回顧>>
土曜に続き、このレースも開幕週なのに完全なる外差し馬場。
土曜メインを見て何となく思ってましたが、ここまで極端になるとは。。。
私用で土曜から競馬をあまり見れなかったので、トラックバイアスが想定外すぎました。

・ルージュバック

インタビューで戸崎も言ってましたが、枠も競馬もバイアスにあわせた完璧な競馬。
逆にいうとこれ以上ない条件でこの内容なら、当初の予想してた能力値通りでそこまで評価は高くない。
今年のエリ女なら狙えそうも、秋天いくなら人気してくれると個人的には買わないので嬉しい。

・アンビシャス

全然調子良いようには見えなかったが、地力がG1級なのでこの相手ならそれでも2着できる地力は凄い。
乗り方もバイアスに合っていたのは確かだが、ここから調子を上げるようなら本番では狙える1頭。
もしルメールが縁の深い池江&金子の馬よりこちらを選ぶなら、本番は勝ち負けを期待できそう。

・ヒストリカル&ロンギングダンサー

乗り方とバイアスが向いただけ感が強いので、次は過大に評価しないほうが良さそう。

・ステファノス

外差し馬場を内を走って詰まって最後だけ空いて伸びて5着。
着順だけ見ると次人気しないだろうが、負けた馬の中ではこの馬が1番キツいレースをしていた印象。
もしこれで極端に人気を落とすなら、本番ではバイアスと枠次第で狙っても面白いかも。

【回顧】京都大賞典

まずは私の印は
◎:キタサンブラック
○:ラブリーデイ
▲:サウンズオブアース
△:ヒットザターゲット
×:アドマイヤデウス

<<全体的な回顧>>
京都は開幕週らしく前のほうが有利な馬場。
月曜はペース的なのもあってそうでもなかったが、土曜を見るとかなりの高速馬場ですね。
来週を考えると難しくなりました(苦笑)

・キタサンブラック

2着馬と僅差でしたが、58だったのも含めて着差以上に完勝の内容。
キレるタイプではなくしぶとい馬なので、東京2400だと前に強い馬がいないと差し馬有利になるかも。
早くから有馬記念の本命候補と書いてましたが、そこは変わらないくらい評価してる。

・アドマイヤデウス

相対的に考えると評価が低すぎとは思ってたが、好騎乗も含めて2着はまだまだ走れる証拠。
ただ、秋のG1戦線や隙間重賞のハンデ等を考えると、どこが向いてるとは言えないくらい向いてるレースがないかも。
あんまり人気しないタイプだが、G2くらいなら相手次第で連対できる能力はあるので今後も注意。

・ラブリーデイ

直線向いての手応えや、追い出して一瞬2着馬より前に出てるのを考えると、距離か斤量の影響が大きかったと思う。
前哨戦としては悪くはないが、去年の勢いはなく本番も相手やバイアスが大きいウエイトを占めそう。
個人的にはルメールがどちらに乗るのか興味津々。(調べてないのでもう決まってたらすみません)

・ラブリーデイ

少頭数でこの馬場や展開なのに、何故かあれだけ厳しいレースすれば差し送れてこの着順はしょうがないでしょう。
おそらく去年と同じローテになると思うが、条件的に合うのはG1なら去年と同じく有馬記念。
ただ、現状はこの馬的にも相対的にも去年ほど魅力は感じない。

スポンサーリンク

 - レース回顧