軸馬一点競馬予想

元M単優勝者の競馬予想ブログ。本命馬の複勝率やワイド1点勝負にこだわってます!危険な人気馬や面白そうな穴馬も始めました!

【展望】桜花賞全馬評価1【2017】

      2017/04/03

人気ブログランキング

↑毎度クリックご協力ありがとうございます!

桜花賞が来ると、北海道に住んでる身としては「春がきたなぁ」という瞬間になります。

てか、オール電化だがら電気代高すぎんだよクソが!

地元には桜の他にも梅がキレイな所もあるので、もうすぐ2歳の子供を連れて行ってあげようと思います。

桜花賞全馬評価の前編を書いていきます。

スポンサーリンク

桜花賞のコース適正

もう改修されて10年くらいになりますが、傾向が一変して枠による有利不利もなく、魔の桜花賞ペースと言われる事はなくなりました。

1週前を見る限りは結構早い馬場で、サンデー系など早い脚を使える血統の好走が目立った傾向。

阪神1600は外回りで直線も長いので、ある程度の瞬発力やパワーと持続力があるほうが有利。

単純な種牡馬の該当コース勝利順は
1位:ディープインパクト
2位:ダイワメジャー
3位:キングカメハメハ
4位:ハーツクライ
5位:ステイゴールド
6位:マンハッタンカフェ
7位:ゼンノロブロイ
8位:ハービンジャー
9位:アドマイヤムーン
10位:ネオユニヴァース

桜花賞 全馬評価1

アエロリット

牝3/55.0kg  横山典弘/菊沢隆徳
血統的にはパワータイプだが、フェアリーSのような厳しい展開でも走れるように意外としぶとい面もあり。
前走が出遅れ気味ながらも最後差してきたように、能力面でも思ったより高そうなレースだった。
さすがに差す競馬だと厳しい気はするが、先行力を活かしてノーマークのスローだと粘りこめても。
そういう意味では内目の枠のほうが比較的良いかも。

アドマイヤミヤビ

牝3/55.0kg  デムーロ/友道康夫
去年末にオークス候補と書いたくらいの馬で、スローの外枠と恵まれはしたが久しぶりの1600も問題なく勝利。
ポテンシャルは変わらず高い評価も、タフな経験が少ないので内枠に入って揉まれたり、極端に速いペースになると怪しいかも。
血統的には持久力とパワーのバランスも良いし、外枠なら好走できる条件と思う。

アロンザモナ

牝3/55.0kg  幸英明/西浦勝一
結構マイナー血統で構成だけ見ると溜めてキレるというタイプではなく、持続質なレースのほうが得意そう。
紅梅Sがそんな感じのレース質で結果的にも勝ってるので、ある程度前目で競馬のほうが合いそう。
ただ、全てが向いても馬券圏内は少し厳しい感じはする。

カラクレナイ

牝3/55.0kg  田辺裕信/松下武士
フィリーズレビューの勝ち方は鮮やかも、外枠やら差し展開と全てに恵まれた1戦。
1400までしか経験もないし、1600になって特別良くなるとも思えない。
ヘンに穴人気するかもだが、個人的にはかなり厳しい条件だと思う。
個人的にはどっちにしても買わないが、雨と外枠は良くて内枠はマイナスで考えたい。

カリビアンゴールド

牝3/55.0kg  藤岡康太/小島太
血統構成的には、大物食いもある結構好きなタイプ。
今までがスロー気味のレースしか経験してないが、おそらく早い流れのほうが合うタイプ。
さすがにいきなりG1は厳しいと思うが、雨が降って消耗戦気質のレースになれば。
元の評価が低いのはあるが、大舞台でも人気以上は走れそうなタイプ。

カワキタエンカ

牝3/55.0kg  和田竜二/浜田多実雄
先行馬には少し厳しかったチューリップ賞の5着馬で、前走の君子蘭賞は順当な勝利。
パンパンの良馬場での追い比べだと見劣るが、渋っての先行ならかなりしぶとそうな馬。
先行力があるし1800でも結果を出してるので、前目で競馬して後ろが牽制しあう流れになれば人気以上には。

ゴールドケープ

牝3/55.0kg  丸山元気/荒川義之
父がワークフォースなので、あまり厳しい条件や格上げは良くはなさそう。
先行しても追い込んでも結果は残せているが、ヘンに色気を持つよりは両極端な競馬のほうが良さそう。
外目のほうが良いとは思うが、ここで買える材料はあんまりない。

サロニカ

牝3/55.0kg  浜中俊/角居勝彦
血統的にはかなりパワー系というか、一瞬しか脚は使えなさそう。
過去の結果からもスローで楽な競馬をしたほうが成績が良いし、G1でそう楽な競馬が出来るかは?
タフ経験が好くなすぎるので、楽な競馬が出来そうな枠配置が欲しい。

ショーウェイ

牝3/55.0kg  松若風馬/斉藤崇史
単順に強くはなさそうも、あんまり好走タイプがわからないw
少なくても、阪神1600のG1で良さが出るタイプとは思わないが・・・
照英さんの顔を思い出しつつも、買う材料は特になし。

ジューヌエコール

牝3/55.0kg  北村友一/安田隆行
あんまりタフなレース質はあわなそうなので、G1で根幹距離多頭数はプラスにはならなそう。
ただ、前走1400を使ってるので、ヘンに抑えず逃げるくらいの競馬をするようなら。
馬場が渋るのはプラスになりそうなので、どれだけ積極的な競馬をできるか。
普通に乗って溜めたり内枠で揉まれるようなら厳しいと思う。

スズカゼ

牝3/55.0kg  松山弘平/伊藤正徳
父ディープブリランテはサンプルが少ないながらも、前傾ラップのほうが得意な印象。
そういう意味では前走もピッタリだったので、そこからの上積みというとどうか?
どんな展開や枠でも少し足りない気がする。

スポンサーリンク

 - 重賞展望