M単、競馬最強の法則ランキングのブロガー大会に優勝した競馬予想ブログ。本命馬の複勝率やワイド1点勝負にこだわってます!危険な人気馬や面白そうな穴馬も始めました!
重賞展望

【重賞展望】天皇賞(秋)全馬評価1【2020】

菊花賞は当たるには当たりましたが、3着馬を勝ってないので三連複はハズレ。

あの人気で三連複ハズレたら当たったとは言えないですね(苦笑)

今週も人気馬が有利な気はしますが・・・

天皇賞(秋)の全馬評価【前編】を書いていきます。

スポンサーリンク

天皇賞(秋)全馬評価1

アーモンドアイ

牝5/56.0kg
ルメール/国枝栄
安田記念は勝ち馬が強かったのもありますが少し残念な内容。
ただ、初めて間隔が詰まったレース過程で、その影響がモロに出た印象は。
本来は少頭数や緩いレース質の方が向くと思いますし、休み明けでリフレッシュした状態。
条件的には今年も有力と思う。

ウインブライト

牡6/58.0kg
松岡正海/畠山吉宏
人馬共に一頓挫があって、時期を合わせたかのような復帰。
休み明けってよりは使ったからリズムを上げていくタイプと思いますし、東京ってよりも中山や香港のようなパワー質な馬場の方が合う馬。
ここってよりは1回使ってそれ以降かな?

カデナ

牡6/58.0kg
三浦皇成/中竹和也
長く脚を使うってよりは一瞬の脚で差すタイプ。
そういう意味では本質的に東京は何ともも、頭数が少なくなるのは同馬にはプラスに出そう。
ちょっと相手が強そうも、内枠に入ってロスなく終いを活かしてどこまで。

キセキ

牡6/58.0kg
武豊/角居勝彦
スタートが悪かったり道中の感じだったり、だんだん気難しさが出てきた印象。
その前走も出遅れて道中上がっていっての大外ぶん回して2着なら自力はやっぱりある。
本質的には宝塚や有馬みたいなレース質が合ってると思いますし、瞬発力より持久力寄りとも思う。
東京2000というそこまで合うかは微妙な舞台も、逆に少頭数で前に行ければ面白そうな。
気性的にアテにできないのが何とも。

競馬予想なら!【競馬最強の法則WEB】

競馬ファンの誰もが知っている月刊誌『競馬最強の法則』から誕生した、競馬予想に特化したWEBサイト。 読者にとって有効・有益な人気の予想情報、予想ツールを厳選して提供しています。 また、予想大会、POG大会の読者参加企画も開催中。

CTR IMG