軸馬一点競馬予想

元M単優勝者の競馬予想ブログ。本命馬の複勝率やワイド1点勝負にこだわってます!危険な人気馬や面白そうな穴馬も始めました!

【回顧】2016年 函館2歳S、中京記念

   

人気ブログランキング

↑毎度クリックご協力ありがとうございます!

先週で函館、福島、中京開催が終わりました。
何と言うか今年は馬場いじりすぎなのか基本時計のでる軽めの馬場のまま終わってしまいました。
各競馬場、色々違いがあるからこそ面白いので、JRAはそこら辺もう少し考えて欲しいですね。

今週の重賞レースを振り返ります。

スポンサーリンク

 

Contents

【回顧】2016年 函館2歳S/h2>

・レヴァンテライオン

展望や予想にも書いたが、新馬戦は4角で前が詰まって2着馬に完全に抜け出されたが、外に持ち直して差しきる2歳戦では見たことない競馬。
レコードは馬場が良いので気にしないが、今回はスタートも良くセンスの良さを見せての勝利で、最後は抜かれる気はしなかった。
元が距離を伸ばそうとしてた馬で、血統的にはダートも走れそうと、これから先は違う面を見せてくれるかもしれない。

・モンドキャンノ

新場戦の内容だけなら、今年ははっきりとこの馬と勝ち馬が抜けていたとは思った。
勝つというか連対的な安全度で本命にしたが、最後は思ったよりはキレなかったのは2歳馬なのでしょうがない面も。
距離は1600でもギリギリだと思うが、長い目で見ると去年のシュウジくらいは走っていきそうな馬かもしれない。

・タイムトリップ

正直、まったく眼中にありませんでした。
うまく乗ったのはあるにせよ、この臨戦過程で内目からめげずに頑張ったのは根性がある馬の証か。
あまり大物感はないものの、血統的には重めの馬場やダートなんかでも短めならやれるかもしれない。

・メローブリーズ

少し注目慕うまで、思ったよりも2歳馬にしてはキツイ競馬になったが惜しいとこまでは頑張っていた。
それでも今後に向けてと言われると特には強調できる点はないので、同じく北海道の短距離なら相手次第で狙いたい。

・ドゥモワゼル

調教緩くてプラス12と見た時点で、まぁ厳しいだろうと思った馬。
まだ若い馬なので何ともいえない面はあるが、新馬~函館2歳までを見た感じは現状このくらいの馬かなとは思う。

・バリンジャー

当レースの上位2頭以外だと、この馬が距離が伸びてもおもしろいかなぁと。
福島からの過程はここでは絶対プラスにならないし、かなりの後方から差してきた競馬っぷりは今後をふまえても魅力。
今日の競馬を見た限りは距離はもう少しあったほうが良さそうだし、休ませても北海道続戦でもまだ良くなりそうな競馬はしてた。

【回顧】2016年 中京記念

・ガリバルディ/h3>
土曜の時点から「馬場掴んだのか福永やたら乗れてるなー」と思ってましたが、何乗るか思い出すと「こいつはまぁいらないだろう」
と完全に私の先入観や見る目のなさかもしれませんorz
それでも全体的に低調なメンツだったのも確かだし、上手く乗ったのも含めて次はあまり過信したくはない。
この厩舎は一変ありすぎて良くわからんw

・ピークトラム

父チチカステナンゴは中京で成績が良い種牡馬だし、展開的にも完全に向いた印象。
母父スペシャルウィークもトラックバイアスに特徴のある馬で、走れる条件がかなり特徴ありそう。
個人的には重めっぽいけど時計がそこそこ出る馬場の1800なんかは向いてそうな気はするが。

・ケントオー

本命どっちにしようかな?くらい悩んだ馬だが、シンガリからは想定外だしよく3着まできたなという印象。
能力は高いがキレ負けするくらい前残りや軽い馬場には向かないので、好走条件はかなり限られそう。
それでも今回のレースでは1番強い競馬をしたと思うので、今後は相手や展開次第で好凡走繰り返しそう。

・ダノンリバティ

芝でも走れるのは過去を見てもわかっているが、予想でも書いたが多頭数の根幹距離という重賞で勝つ馬ではないと思う。
芝でもそこそこは走れるのは事実も、私的にはダート1800が一番向いてると思う。
ダート⇒芝や芝⇒ダートで1発ありそうなタイプなので、そういう過程があったときには気をつけたい馬。

・ダッシングブレイズ

思ってた通り前目につけて新味が出るかと思ったが、逆に悪いほうの結果に。。。
元から人気先行タイプのサドラー系という事で、実際はこんなものなのかもしれない。
血統的にはL系っぽいところはあるので、少頭数や相手が弱くなったときに狙いたい。
もう少し走れると思ってたが、重賞だとこのくらいか。。。

スポンサーリンク

 - レース回顧